image
==================================
information
==================================
01 月 07 日(日)radio
FMYOKOHAMA 84.7「Sunset Breeze」16 : 00 -
http://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/SunsetBreeze
01 月 21 日(日)television
とちぎテレビ「知っトク!なるとちっ」09 : 00 -
http://www.tochigi-tv.jp/program/?id=721
01 月 23 日(火)television
とちぎテレビ「知っトク!なるとちっ」19 : 30 -
http://www.tochigi-tv.jp/program/?id=721
01 月 29 日(月)magazine
フリーペーパー「COMPANY 43 / 02・03 号」
ASHIKAGAN GRAFFITI vol.06 掲載 -
http://ameblo.jp/company-blog/
==================================
image
illustration by Satoshi Matsuzawa

ウイッーーーーー‼︎ by スタン・ハンセン。またもや blog ほったらかしました。もう 9 月。こちとらあちらこちらで喋ったり、呑み歩いたり、映画を観たり、読書したり、やっぱり呑み歩いたり、二日酔いで撃沈したり、復活と同時に再び呑んだ暮れたりと、ブレーキの壊れたダンプカーっぷりを発揮しています。あとね、ビジネスの繋がりを求めて、こっそり Twitter を使っていましたが、一身上の理由で退会する所存です。リアタイで生きること、御他人様の私生活に「いいね」する日々よ、さようなら (^O^)/

むしゃくしゃしたりいらいらした時の発散方法は稽古が何より、後は掃除! このふたつの共通点は終わりがないことだが、どちらも口火を切るまで時間が掛かる。稽古の方法も人それぞれあり、オレの場合は、ラブホ籠城。周りが性欲発散している最中、黙々と勤勉ッ‼︎ 鶯谷、時々、吉原の連れ込み宿。我が「精神と時の部屋」で、黙々と新根多を仕込んでいます。新しい演目の稽古に入った時は「こいつら(登場人物)を自由自在に操りたい!」の想いを強く持って、過去の演目を浚う時は「あいつら(登場人物)に逢いたい!」です。それではまた! チェックアウトは翌朝 10 : 00 の予定 ...。

ども‼︎ 会う方々に「blog を読んでいるよ」と言われて、やや恐縮。皆さん、オレの安否確認も兼ねているのだろう。どうにかこうにか生きています。お盆は 15 日 16 日 17 日の 3 日間、ひさしぶりの寄席の出番。やんごとない理由あり、約 3 年、こっそり里で暮らしていて、江戸に舞い戻って 1 年 5 ヶ月、只今、田舎ボケを軌道修正中! 16 日は寄席の後「馬の穴「高座の血闘」120 分三席勝負 2nd BOUT」。1 日 3 席の高座は体力不足を痛感した。グッタリ。18 日は宇都宮。とちテレで収録の後、帰郷。ひょんなところで毎日のように遊んでいた舎弟と 30 年ぶりの再会。懐かしさと驚きと嬉しさの融合だね。19 日は栃木県教職員評議会さんの集いで講演 120 分。この悪童が先生方の前で生意気を申し上げました。18 日 19 日と、がっつり呑んで、翌 20 日は、がっつり遊んだ! 本日、帰京。3 泊 4 日の ASHIKAGADAYS の終わりは寂しいなァー‼︎ でも、また来週は足利だよ ...。

誠に勝手ながら有給を取りました。なんのかんの blog の更新を日課とする腹づもりはありますが、オレの日常を全世界に発信することが憚れます。こういう場じゃなく、やっぱり皆さんの前で喋りたい! ライブで生きている者の宿命です。ちょっとかっこつけた。以前、誕生日の新しい歳の目標に「アナログ生活」(#05)を掲げましたが、その後の結果を報告します。Instagram は撤退。Twitter は今後の企画で使用するらしいので、束の間の放置。Facebook は退会しようと思った矢先「栃木県文化財課 Facebook「体感!! とちぎの文化財」応援団 団長」就任。脱 SNS 生活、なかなか難しいっすね。来年こそは、人里を離れて半農半漁の自給自足やりつつ、マンモスの肉をむさぼりたい‼︎

死んだ爺ちゃん婆ちゃんもびっくりぎょうてん怒濤の連続更新 3 日目だぜ‼︎ これ以降の更新に付きましては、明日より有給休暇を頂戴する所存デス ( ̄^ ̄)ゞ 今宵は弟弟子の歌扇、ゲーキョー若手ホープの桂鷹治と呑みました。鷹治くん、齢 28 の藝歴 5 年弱。その貫禄っぷりで、桂鷹治「師匠」と呼ばれ、オレは哀しいかな入門したばかりの「前座」。そして、歌扇さんは「配管工職人」だった。がんばれ、圓歌の忘れ形見‼︎

↑このページのトップヘ