体調不良で寝込んでしまった。いい歳して修羅場と云うか、まるで「MAD MAX」のような出来事があり、この体験も何れは爆笑必須の物語に仕上げようと思います。雀チュンチュンで夜が明けて、ドタキャン喰らったので、朝から呑んじまったぜ、朝酒サイコー‼︎ って、よぉ、落語の稽古しないのが情け無いよね。最近は酒を呑むことしか楽しみがありません。酔い潰れて、ひとッ風呂浴びて、本を読んで、肴を突つきながら、また呑んで、寝際に吐きました。たまの引きこもりはいいメンテナンスだった。「だった」のか⁉︎ そして、廃人と化した今日は何とまあ入門記念日デス! この 20 数年、隙あらば廃めよう廃めようと思いつつ、ずるずるべったりここまで来ちめェーやした。♪ 思えば遠くへ来たもんだァ〜 ふるゥーさとォー離れて 7 日目。はい、つい先だって仕事で帰郷したばかり、お里が近過ぎるのも望郷の念が薄れますわァー‼︎ この浮草稼業を振り返って、ふたたび前座を遣れと言われりゃあ喜んで勤めるが、もういっかい内弟子から遣り直せと言われれば、もちのろんのふぁっくゆー‼︎ 内弟子の頃、つまり、前座の時分、二ツ目に昇進すれば師匠宅を出られると、それのみを希望に抱いて修行に励んでいましたが、昇進祝いの席で酔っ払った兄弟子が「今後 1 年間、誠意で御礼奉公しろ!」と BOSS の前で言い出して、一瞬で酔いが覚めました。天国を見た後の地獄だよ! わかる⁉︎ 出る杭の反撃じゃないが、胸ぐら掴んで、オメェーに「御礼暴行」してやろうか⁉︎ あーん‼︎ ぼっこぼこのふるぼっこだよ、妄想で‼︎ 笑 そんなこんなの内弟子の断末魔は、師匠宅を出る出ないで揉めに揉めて、最後は年季明けじゃなく、脱出というか大脱走の結末と相成りました。師匠、お内儀さん、ごめんなさい。嗚呼、若気の至りッー‼︎